携帯代が払えない

携帯代が払えない

スマートフォンやガラケーの携帯代が払えないとどうなるのか、疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

私も20代前半の時はバイト代が少なく、遊びで使うお金を優先してしまったので携帯代が払えないということがありました。
毎月の支払期限を過ぎてしまうと、下記のような流れで利用停止になります。

 

@会社が設定している毎月の支払期限までに料金が支払えない
A2週間程度で登録している住所へと未納の催促が届けられる
B記載されている利用停止予告日までに支払いを済ませれば問題ない
C支払期限が過ぎて1ヶ月程度が経っても振り込まない場合は利用停止になる
D料金を滞納してから2ヶ月から3ヶ月程度の期間が経過すると強制解約になる
E各電話会社で情報を共有しているのでドコモでもauでも契約できない

 

現在では携帯電話の普及率は100%を超えており、片時も離すことができない方もいらっしゃるので利用停止になれば大変です。

 

インターネットはもちろんのこと、電話やメールで連絡を取ることもできないので私も利用停止になった当時は本当に苦労しました。
「お金がないんだから払えない」と言い切る方はいらっしゃいますが、自分が使っているものの費用を支払うのは当然の義務で社会のルールの一つだとも言えます。

 

期限内に支払わないのは良くありませんし、「放置しても1回くらいならば大丈夫だろう」という考え方は間違いです。

 

強制解約を受ければ滞納した料金を支払わない限りはブラック状態になって他社とも契約できませんし、支払いが遅れたという記録が残って自分の信用情報に傷が付きます。
将来的にクレジットカードを作ったり車のローンを組んだりする際に審査に通らないという事態に陥るので、10代や20代の若者は特に注意した方が良いでしょう。

 

そこで、携帯代が払えない方にはキャッシングをおすすめします。

 

20代前半の当時はキャッシングと聞くと身構えておりましたが、現在では安全性が高いという情報が普及しているはずです。
誰でも最短即日で融資を受けられますし、携帯代を支払う一時的な借金なのできちんと返済すれば問題はありません。

 

有名な業者ならば30日間無利息キャンペーンなどが実施されており、30日間以内に返せば利息分を支払わずに済みます。

 

携帯料金で10万円も20万円も使用することはありませんし、どんなに高くても3万円程度なのでキャッシングは大いに役立つはずです。
携帯代を支払わないことでブラックリストに載ってしまうので、放置せずにきちんとした対応を心掛けましょう。